Smile for Life

ワンコと共に暮らす主婦、マダムいずのDairy

頑張れLucy

今日は久々のBible Lessonでした
Bible Lesson (2)

Bible習ってね、随分いろいろ理解できるようになったよ♪ 映画のちょっとしたセリフとか、TVとか…いろんなシーンでBibleが引用されたりするし、Bibleの知識ってアメリカ文化を理解するのに随分役立ってマス♪
Bible Lesson (3)

そんなBible Lessonもそろそろ佳境…
ようやく終わりが見えて来たんだけど、どうやらテキストが終わっても映画観たり、今後もいろいろ続くらしい

そしてBible Lessonをしてくれる先生役の彼女が飼ってるワンコ、Lucy
Bible Lesson

14歳と半年とのことで、このところ腎臓の機能が弱って来てしまったらしく、食べ物も受付けなくなり随分痩せちゃって、歩いたりするのも厳しいらしい。。。
彼女は"安楽死"を考えているとのこと。。。
ペットへの"安楽死"って、、どうも日本人の私から見ると、アメリカ人は結構簡単にさせているように見えてしまうのデス。。
高い治療費を払いたくないって理由でやる場合もあるって言うし、、、
文化の違いなんだろうけど、他のアメリカ人に聞いても、「安楽死を選択する事は、動物には良いコトなのよ。飼い主は辛いけど、安楽死するって動物は理解できないし、そうすることでそれ以上苦しまなくて済むんだから。」って言うの
でもさ、、、動物たちだってきっと分かってると思うよ、その時が来たって
全てを理解した上で、愛する飼い主の決断だからって、心穏やかに受け入れてるんじゃないかなぁ
それに、とっても痛くて苦しい病気で回復の見込みもないし、これ以上苦痛に耐えさせるのが可哀想な場合とかなら分かるけど、年老いて食欲落ちて不自由な体になったからって、人間が勝手にその命の終わりを決めてしまうってのにはちょっと抵抗アリ。。。
私はやっぱり、ムスメサマたちが年をとって、例え目が見えなくなっても、例え歩けなくなっても、例え食欲が落ちても、一緒に"今"を感じたいな
生きる力がある限りは、心穏やかに安心してその瞬間を迎えるまで、ありったけの愛を注いで、一緒に"このシアワセ"を噛みしめたいな

とにかくLucyが少しでも元気で愛する家族と一緒に過ごせるよう、祈りを込めてReikiしました
今朝はお家の周りを支えられながらも歩けて、ウンチもおしっこも出来たんだって☆ごはんもちょっと食べたんだって☆
「まだまだ一緒にいたいよ」って、Lucyの想いだね

スポンサーサイト
  1. 2013/02/22(金) 23:35:54|
  2. Diary
  3. | コメント:0
<<取り合いっこ♪ | ホーム | 5週間振りの、Ramona>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する