Smile for Life

ワンコと共に暮らす主婦、マダムいずのDairy

急変、試練

愛しいTiffanyちゃんは今、明日の手術に備えて遠い病院に入院中デス
昨日から今日にかけての目まぐるしい出来事を、まだ消化できていない私ですが、愛するムスメサマに起こったコトを記録します

7月12日(金)
朝のお散歩はとても元気。久々に普通の良い状態のウンチをしたTiffanyに、一安心した私。日中外出し、午後帰宅。ウンチの状態は戻ったとはいえ、念のためTiffanyには白米+鶏肉で作ったお粥を夕ごはんにあげる。
お粥の食があまり進まない。いつものごはんより味気ないからかなと思い、かつお節をふる。少し食べたがその後その場に伏せてしまう。
トイレのため庭に出す。雨が降っているにもかかわらず、おしっこを済ませた後芝の上に伏せて震えている。雨が嫌いな子なのに動かない。。。大好きなミルクにも反応なし。
日本にいるKennyに連絡をし、急遽動物病院へ。私、初めてKennyなしで動物病院へ行く。
動物病院へ向かう途中、ハウスの中で夕ごはんを吐く。
体重:13Lb。担当はDr.Mason。優しく、私のつたない英語も一生懸命聞いてくれた。
DSCN7083.jpg

X-raysを撮る。特に問題になりそうなものは映らなかったが、触診でお腹に何か触るとのこと。「過去に大きな病気をしたことはあるか?」と聞かれる。全項目の血液検査実施。翌朝結果をメールしてくれるとのこと。

動物病院から帰宅。Nonnは全て分かっているようで、Tiffanyの匂いを優しく嗅いだ後寄り添って横になる。しかし帰宅直後、容体悪化。コタツの中で吐く。その後キュンキュン鳴きながら玄関を目指すが、途中の廊下で力尽き伏せてしまう。3度吐く。その後伏せた状態で少しウンチが出てしまう。トイレトレーニングの時は24時間以上も家の中でトイレするのを我慢するくらいプライドの高いTiffany。そのTiffanyが家の中でウンチをしてしまった。Tiffanyの気持ちを考えると胸が摘まされる思いがした。抱えて外にトイレに出してみる。よたよたしながら、懸命にトイレしようとしていた。悲鳴のような鳴き声を上げながら力なく、芝の上をよろよろ歩いた。家に戻っても、動くのも辛そうでじっとしている。
Kennyに電話したが、Emergencyへ駆けこんでも、血液検査の結果待ちの今出来るコトは限られていると判断。翌朝の検査結果を待つため様子見することに。
11時半頃寝る。私が人形が出てくるホラーのような夢を見ている時、Tiffanyがべったりくっついて来た。そしてその後、悲鳴を上げ嘔吐。午前2時頃のこと。その後も何度となく嘔吐を繰り返す。黄色いが匂いは無い。
嘔吐が落ち着いてからもあまり眠れず朝を迎える。

7月13日(土)
朝食はとらず、水と少しのミルクを飲む。血液検査の結果メールを待つがなかなか来ず。日本にいるKennyに連絡するも、友だちと深夜まで遊んでいてなかなか連絡取れず。久々に会う友達とは言え、Tiffanyがこんな状況なのに連絡すらつかないKennyに腹が立った。
動物病院の診察時間開始から1時間半後、Kennyと連絡が取れる。Kennyから動物病院へ電話してもらい状況を説明。直ちに動物病院へ向かう。
車の中でまた吐く。
DSCN7091.jpg

体重:12.2LB。昨日から約1LBも減ってしまった。担当はDr.Mason。血液検査の結果、特段問題となるコトは無かったとのこと。しかしこの症状、そして触って感じるお腹の何か、、、腸閉塞ではないかとのこと。しかし100%の確証はなく、確証が無いのに手術をすることに抵抗アリとのこと。かといって手術してみないコトには分からないとも。。。突然のコトに言葉を失う。KennyとDrで電話で話してもらう。この時点では直ちに命に関わる状態ではないとのことだったが、診断を下すには限界ありとのこと。
手術の前に、超音波検査を受けるため、スペシャリストのいる大きな病院を急遽受診するコトに。
動物病院で書類を揃えたり予約したり、全てを整えてくれた。有難い。
今日は犬友とランチの予定だったが、キャンセルの留守電を残し、TiffanyとHighwayを40分程走った所にあるNorthstar Vetsへ向かう。
いきなり遠くの病院へ行くことになり、不安でいっぱいになる。ただでさえ寝不足でフラフラ、運転にも自信が無く誰かに頼りたくなったが、気分を奮い立たせて高速を走った。怖かったしこの先どうなるのか、不安で涙目で運転した。Kennyがいてくれたら…と思った。
DSCN7092.jpg

なんとか無事に病院に着き、受診
私の留守電を聞いた犬友ご夫婦が駆けつけてくれた。泣きそうになったが堪えた。本当にありがたかった。
この病院のDrも、Tiffanyを診た結果お腹に卓球ボール程の何かを感じるとのこと、超音波検査を受けた方が良いとのこと。Tiffanyが超音波検査を受けている間に犬友ご夫婦到着。
いろいろお話しているうちに気が紛れる。待ち時間が長い。心配。
超音波の結果も、ハッキリした原因は分からなかった。しかし、何かを誤飲して腸が詰まってしまった可能性は否定出来た。どうやら膵臓が関わっている様子であることも分かった。膵臓が大きくなって中に液体が溜まり、炎症を起こしていて、それが他の組織と癒着を起こしているのか定かではないが何かしら影響をしている模様。その原因が何であるかは、やはりお腹を切ってみないと分からないとのこと。今のTiffanyは脱水症状を起こしているため点滴をして体力を回復させ、明日手術することを勧められる。
DSCN7096.jpg

いきなり「手術」を迫られ困惑。しかし放っておいてどうなるワケでも無く、現にTiffanyは今苦しんでいる。迷う余地はなかった。Kennyなしで決断するのは勇気がいったが、このスペシャリストのいる病院で手術を受けるコトとなる。
Tiffanyはすぐに入院。最後に面会させてもらえた。シッポは下に下がったままだったが、一生懸命にシッポを振ってくれた。抱きしめて「大丈夫だよ、安心してね、ちゃんと迎えに行くよ、すぐ良くなるよ」と言った。泣きそうになったけどTiffanyを不安にさせたくなくて笑顔で言った。

Tiffanyを病院に託し、Highwayを自宅に向けて走った。途中恐ろしい程の夕立ちに合い、路肩に避難する車が多くある中、恐怖を感じながらも走り続けた。元気で待っていてくれるNonnが、私の心の支えだった。

いつもKennyを頼りきっていた私。
3年も住んでいながら今まで1度も1人で動物病院へ行ったコトが無かった。そんな私がいきなり大舞台に上がることになってしまった。初めての動物病院がこんな大ごとに。。もっと英語が話せたら…もっと英語を話そうとしていたら…。自分の無力さを痛感する。
なにより可愛いTiffanyに、こんな辛い思いをさせてしまうコトが申し訳ない。出来ることなら代わってあげたい。

そして帰宅。すると、信じられないコトが起きていた。
Nonnが、まるでTiffanyとそっくりな状況になっていた。
吐いた後があり、丁度Tiffanyのとそっくりな状態のウンチがあった
私の帰宅も、いつものように元気に歓迎出来ないNonnがいた。辛そうにハウスに籠ってしまった。
留守中に何があったの???唯一の支えだったNonnまで、Tiffanyとそっくりな状況になって、もう何をどうすれば良いのか追いつめられる。
DSCN7099.jpg

私が食事をとってもいつものように反応しないNonn。夕ごはんはヤギミルクを飲んだ。今の所吐いてはいないが元気はない。苦しむTiffanyをずっと見守って来たNonn。繋がって同じようになっちゃったのかな?それとも久々に1匹で長時間お留守番したストレスがあるのかな?それともこの家や私がした何かがいけないのか…???
成田空港で飛行機を待つKennyと電話で相談し、Nonnはもう少し様子を見ることに。どうかどうか元気になってくれるコトを祈るしかできない。
とにかく疲れ果てた。でもムスメサマたちのために、疲れている場合ではないんだな。なにか出来るコトをしなければ。しかし無力。辛い。悲しい。


っと、以上が昨日から今日の記録。
順調に行けば、明日の午後Tiffanyは手術を受けます。
日本から帰国したKennyと、それからNonnも連れて、明日も面会に行くつもりです。
退院はいつになるか分からないけど、Kennyは明後日また出張に行ってしまうから、また私が対応だな
信じられない急変と、試練のような状況。。
自分の無力さを痛感しながら、でも自分が出来るコトをするしかなく
愛しい2匹のムスメサマたちに、私の気持ちが届きますように☆
NonnもTiffanyも、早く元気になあれ!
ママにはあなたたちが必要なの。元気な笑顔、早く見せてね☆
どうか、どうか…

スポンサーサイト
  1. 2013/07/13(土) 23:21:04|
  2. Tiffanyの病気
  3. | コメント:7
<<Emergency | ホーム | 最後のBible Lesson (maybe)>>

コメント

こんにちは、
御心配ですね。
遠い異国の地で、
いろいろ大変でしょう。
回復を、
ひどくはないようお祈りします。
  1. 2013/07/14(日) 13:16:28 |
  2. URL |
  3. しがないおじさん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/07/14(日) 14:33:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

マダムいずさん、大丈夫ですか?大変でしたね。
とにかく今はTiffanyちゃんの為に全力で頑張っていらっしゃると思います。

頑張っているのに「頑張って」というのは抵抗があるけど、それでもやっぱり
頑張って!

Tiffanyちゃんの手術がうまくいくよう祈っています。手術するという
のに、膵臓ということしか分からないなんて。今回の手術で原因が
きちんと分かりますように。

Nonnちゃんもよくなりますように。それにしても、どうして同じ症状なんだろう・・・。
心配しすぎて体調が崩れてしまったのかしら・・・。

絶対に乗り越えられると信じて・・・すべてがうまく行くように祈っています。


  1. 2013/07/14(日) 19:00:38 |
  2. URL |
  3. あにもも #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/07/14(日) 20:58:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/07/14(日) 22:11:24 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

しがないおじさんさんへ

こんにちは、ご心配頂き本当にありがとうございます。
まだまだ心配は尽きませんが、取りあえず手術も終わり、あとは検査結果と退院できる日を待つのみです。
コメント頂き本当に嬉しいです。
ありがとうございました!
  1. 2013/07/16(火) 05:57:50 |
  2. URL |
  3. マダムいず #-
  4. [ 編集 ]

あにももさんへ

こんにちは。なかなか返信できずスミマセンでした。
今日Tiffanyと面会するコトが出来、より詳しい状況も分かってきました。
小さい体で一生懸命に頑張ってくれている姿に、申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、私も一緒に頑張らなきゃと思います。
いつも本当にありがとうございます。
優しさが心に沁みます。
  1. 2013/07/16(火) 06:01:39 |
  2. URL |
  3. マダムいず #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する