Smile for Life

ワンコと共に暮らす主婦、マダムいずのDairy

American Dinner

今日はね、ちょこっとドライブして麻布十番まで♪
DSC06718.jpg

やって来たのは、Nissin World Delicatessen International Supermarket
英会話の先生が教えてくれた、アメリカの食材が手に入るというスーパーマーケット
写真 Dec 07, 8 52 59 PM

わーい!! ここでは本物の木のクリスマスツリーだってあるし、でーっかいTurkeyだってあるよー♪
ここのウリは何と言っても宮内庁御用達の"お肉売り場"だそうで、海外のいろんなお肉がずらーり♪ これでも以前に比べて売り場は随分小さくなったとのコト(学生時代ここのお肉売り場でバイトしていたKenny談)

大好きなアメリカのRibeye Steakと、Nonn用にLeanなラム肉を買ったよ♪ お値段ハンパなくてやばかったけど。。。
ここはね、都内でも欧米の食材が手に入る大きなお店だってことだったんだけど、、、お肉の他に私が欲しかったFrozen Pie Crustは売って無かった。。。残念。。。

私ね、アメリカに住むって決まった時、2年掛けて建てた新しいお家に引っ越して1年ほどしか経ってなかったし、私は私で転職してステップアップしていた時だったし、地元の人との繋がりも出来て来た所だったから、「えっ、このタイミングかぁ、、、」って一瞬思ったんだぁ。。でもね、1度も「アメリカに行きたくない」って思ったことは無かったよ。だってKennyと結婚した時点で、いずれ海外で暮らすだろうって思っていたし、そもそも"安定"よりも"刺激"を好むタイプだし♪ そりゃ、生まれ育った土地柄か、歴史ある街が好きな私にとって、「ヨーロッパの方が良いのにぃ」って思ったりもしたけどね。。小さい頃に家族で旅行したアメリカは、かなり普通に大都会だったからさ。。。脂モノ大好きな私は、アメリカの食べ物はもともと楽しめると思ってたけどさー(そしてイメージとは違って、Healthyな食べ物もとーっても多かったし)♪
で、結局は、いきなりヨーロッパよりも、英語圏であるアメリカが初めての海外駐在場所であったのは、私にとっては良いことだったし、貴重な経験を山のように出来て、本当にたくさんのコトを学んで吸収出来て、まあとにかく本当に私の人生にとって大切な時間だったワケです♪
しかしね、一方で、私はアメリカがキライでもあります。。ほら、世界の警察的な感じで威張ってる感とか、資源とかエネルギー使いまくりで浪費してる感とか、、、アメリカのそういう所、私は渡米前からキライで、それは今も変わらずキライなんデス(もちろん人によってはものすごーくエコな人もいるし、実際の所はピンキリなんだけど。。)
好きな所も嫌いな所も、良い所も悪い所も、そういうの全て含めて、私にとってアメリカは第2の故郷になっていることは間違いないワケで、キライだけど大好きで、時々ものすごく懐かしくなったり、恋しくなったりするのデス♪

Anyway, 私はアメリカのステーキが好きで、パンプキンパイを作るためにアメリカのPie Crustが欲しかったの(アメリカのパンプキン缶1つ分で丁度良くPieを作れるサイズなの)でしたー

さて、帰宅後はNonnを連れてお散歩に♪ 暖かくしてねッ♪ るんるんっ♪
DSC06743.jpg

30分位歩いてから、ランチへ♪
鶏むね肉のベーグルに夢中のNonn☆
DSC06732.jpg

私は鶏の竜田揚げを食べたんだけど、じゃばら入りポン酢とカリッと揚がった竜田揚げが美味しかった~♪
そして我が家御用達、D・O・Gでお買い物♪ ここに来るとついついいろいろ買っちゃうなー♪
DSC06745.jpg

帰り道は無理せずNonnは途中からバッグでね
でもこうやっていつもの日常が戻って来た感じが嬉しいな♪

さっ、お待ちかねのDinner Time♪ 1枚約300gのアメリカン・ビーフのRibeye Steak
DSC06750.jpg

お気に入りのDry Rubを擦り込んでー、熱々の鉄鍋でこんがり焼いてー
カラードグリーン(しかし『ケール』という商品名で売られていた。。。)のソテーを添えて、戴きましょ~ぅ♪
DSC06752.jpg

焼き加減バッチリ♪ 帰国してから初めての、美味しい美味しいステーキ♪
赤身の旨みも、脂の甘みも、どっちも楽しめるRibeyeがやっぱり好きィ~♪
お腹いっぱい、美味しく戴きましたッ♪

スポンサーサイト
  1. 2014/12/07(日) 23:58:40|
  2. ジモト
  3. | コメント:0
<<身近な逸品 | ホーム | Nonn再診と、絶品栗蒸しようかん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する